« 2020年6月 9日 (火) | トップページ | 2020年8月 7日 (金) »

2020年6月21日 (日)の記事

2020年6月21日 (日)

No. 416 もったいない、北朝鮮 with 英単語学習

まだ立って何年でもないビルを

北朝鮮が腹立ちまぎれに爆破したというニュースが流れました。

もったいない。

住居もろくにない、

穴倉生活の国民に住まわせてあげたらいいのに。

ピョンヤンでさえ食料が不足してきているという噂もあるというのに。

何のための国家なんでしょうか。

まあ、他人のことは言えないでしょうか。

日本国民も

20億円サクッと中抜きされたりするのですから、

日本の国家に。

 

では、今日も英単語の勉強をしましょう。

1.The (copious, tenacious, maladroit) painter spilled a can of paint on our carpet.

2.   The (copious, patriarch, gradient) is the one the tribe turns to for leadership and guidance.

 

解答

1.maladroit(マラドゥイトゥ)「その不器用な画家は私たちのカーペットに一缶絵具をこぼした」

2.patriarch(ペイトリアーク)「その長老はその部族が指導助言を求める人だ」

 

copious 「たくさんの」tenacious 「粘り強い」diminution「減少」  gradient「坂」


 

 

文科省が入試の範囲を狭めるということで、

まあ、高校はいいとして、

大学は困るでしょうね。

特に国公立大学。

入試問題の作り方が難しくなるのと

入学後の授業やゼミで

今までの調子でやろうとすると

学生の理解が今一つなんてことも起こりそうです。

私立大学は平気で無視する可能性もありますから、

受験生にとっては悩ましいところだと思います。

悩ましいのは塾・予備校も同じでしょう。

 

今日の朝日新聞の記事によると

日比谷高校では今までずっと

オンライン授業だけだったそうです。

やられたと思った他校の校長は多かったと思います。

しかし、オンライン授業は、

コンテンツ作りが大変なので、

なかなか全教員に強制することは

ふつうは難しいことですけどね。

 

では、また!

 

 

コメントや質問などは下の / / の真ん中をクリックしてみてください。

お待ちしてます。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 9日 (火) | トップページ | 2020年8月 7日 (金) »