« No. 368 短文読解問題 with 「年齢とともに時間を短く感じる」 | トップページ | No. 370 短文読解問題 with 「何の記念日でもいい」 »

2017年8月14日 (月)

No. 369 短文読解問題 with 「騒がしい夏」

最近、
毎朝庭で小鳥たちのさえずりがかわいいです。

以前からかわいいさえずりはあったのですが、
最近とみに小鳥が多く庭にやってきている感じです。
大騒ぎのときさえあります。
ほほえましく感じます。

北海道にヒグマの出没のニュースがありました。
いつも言われることですが、
ヒグマの生息地が人間によって
狭められたためにヒグマが人里に現れるようです。

うちの近所も大きな道路工事が行われています。
山を削り、アップ・アンド・ダウンのある大きな道路を造っています。
何本もの木が倒されバリカンで頭をそったようになって工事が進んでいます。

小鳥たちをはじめ多くの動物たちのすまいが奪われつつあります。
そうした小鳥たちが羽を休めに我が家の庭にきていたのです。

「沈黙の春(Silent Spring)」ならぬ、
「喧騒の夏」なのかもしれません。


さて、それでは、
「短文読解問題」を始めます。
今日は都合により1問だけです。

その代わり
前回少し触れた「愉快犯」についての
自作のスピーチスクリプトを最後に載せますので
読んでみてください。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆


<今日の短文読解問題>


<ヘッドライン7> Shark-defying 76-year-old pulls off yacht voyage round the world

<リード文 7> A shark-damaged steering device failed to stop 76-year-old Ikuo Tateo from completing a solo nonstop yacht odyssey around the world.

The grizzled veteran savored a cold beer after stepping off his boat upon his return to port in the Ogasawara island chain south of Tokyo on Aug. 2.

(Thursday, August 3, 2017)



[解説]
7  ここでは put off = succeed in 「困難なことを成功する」
grizzled 「白髪まじりの」
savored 「満喫した」
island chain 「諸島」
his boat = his yacht
upon his return = just after his return 「帰るや否や」

              


[解答] 
5. 「サメをものともしない76歳、ヨットで世界周遊に出航」

「操舵装置がサメによって被害を受けたにもかかわらず、76歳のイクオ・タケオは一人ヨット世界周遊の長旅を成し遂げた。

東京の南の小笠原諸島の港に戻って来るや否やヨットから降りてきてその白髪まじりのベテランは冷たいビールをおいしそうに飲んだ」

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

以下は「愉快犯」についてのスピーチスクリプトです。
よかったら読んでください。

Problems with Crime for Pleasure

Every day newspapers report on crimes. Do you like crimes? Definitely no. Especially you don’t like violent crimes among other things, I guess. Crimes are committed by criminals to get something they have illegally wanted. These days I read two news items about stupid crimes, so I’ll talk about them.

One is, last month phony graffiti arrows were found painted in white on rocks to point hikers to a dangerous route on Mt. Fuji. Drawing such arrows is definitely a punishable crime. Uninformed hikers may believe such wrong directions. Those arrows have the potential for them to slip and fall down the mountain.

The other is, a melon farm in Hokkaido was surprised to see great damage to their melon. Somebody secretly spread herbicide to most of their melon during the night. The melon farm did nothing but see those melons dying over a few days. I can easily imagine that must have been a harsh scene for growers.

I felt both are silly in the sense that criminals haven’t gotten anything illegally. If any, they’ve got the chance to enjoy imagining or watching how people react to what they have done. Only for their entertainment they use their own energy. How stupid! Such crimes also have underlying problems. Specifying people concerned is quite a tough job. In fact ”青酸コーラ事件” or ”グリコ森永事件”are uncleared crimes, as you know. Criminals are still at large. I’m afraid those cases will not be cleared forever. I’m unwilling to say this, but it’s time to install security cameras where we have never thought we should install them, ... for our safety and for our future.


一部日本語を入れましたので、
読みやすいのではないでしょうか。

さて、今日のブログについて
意見、質問その他どんなことでもあれば
コメントを送ってください。


それでは、また。

|

« No. 368 短文読解問題 with 「年齢とともに時間を短く感じる」 | トップページ | No. 370 短文読解問題 with 「何の記念日でもいい」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No. 369 短文読解問題 with 「騒がしい夏」:

« No. 368 短文読解問題 with 「年齢とともに時間を短く感じる」 | トップページ | No. 370 短文読解問題 with 「何の記念日でもいい」 »