« No.296 idiom の四択の問題 with 「アナログ人間は電話が頼り」 | トップページ | No.298 idiom の四択の問題 with "ukulele" »

2014年11月13日 (木)

No.297 idiom の四択の問題 with 「お化け道」

お化け道とは
近所の子供たちがつけた名前です。

自宅からバス停までの間にある
小さなこんもりとした
切通しのような地形の小道のことです。

最近そこにお化け道から
小高い小さな丘に
車で登る幅の狭い舗装道路を
土手を切って作り
開発が始まりました。

きっとそこに住むタヌキの家族が
困っていると思います。
彼らはどうなってしまうのだろうと心配になります。

何年か前ですけど、
その小道を
夜バイクで走ったとき
必死になって前を逃げる犬らしいきものがいました。
でも、あまりに短い脚に、大きなお尻。
タヌキだと思ったことがありましたから。

タヌキといえば、
数か月前
もっと開けた別の住宅街でも
偶然タヌキを見かけました。
その時は、雨がしとしと降っていて、
私は道路で、前の車が動くのを
車の中で待っていました。

なんと、前の車と私の車の間を
小走りでタヌキが横断して行きました。

どこに住んでいるんだろう。
この近くなんだろうけど。
傘もなく雨にあたって生活が大変だな。

タヌキって意外と身近にいるもんなんですね。
もちろん、みなさんが住んでいる場所が、
本当の都会ならそんなことはないでしょうけど。


さて、今日も
英語の idiom の問題で遊びましょう。


  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


Acting Out


(   )内に入る語句を各問の下からそれぞれ選んで文を完成し、それを日本語にしてください。

1,   If you say you want a car, I will say (      ) my dead body.     

a. in  b. on   c. under    d. over


2.   Some people are over the (      ) at 40, but others are energetic at over 80.

a. mole    b. hill   c. head    d. house


3. She acts like all the people she works with are a pain in the (      ).

a. nose     b. head   c.  face d. neck


 


[解説]
1   over my dead body「私の目の黒いうちはさせない」
自分の死体を越えて行けということは生きているうちはさせないということです。
Over my dead body. と、このフレーズだけで使います。


2   be over the hill「全盛を過ぎた」
「峠を越えた」ということです。
人だけでなく物にも使います。

3 a pain in the neck 「悩みの種」
人だけでなく物にも使います。

[解答] 
1. d 「車が欲しいと言っても私は絶対ダメだと言うよ」

2. b 「40歳で峠を越える人もいれば、80歳を越えてもエネルギッシュな人もいる」

3. d 「彼女は一緒に働くすべての人を困った人たちだと言わんばかりの態度をとる」
    
  


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

もうすぐ、
このブログも300回になりますね。
これからも
ずーと書き続けて行くつもりです。


今日のフレーズでいう「峠を越えた」とはならないようにします。

さて、今日のブログについて皆さんご意見ください。
また、どんなことでもコメントどしどし送ってください。


英語でわからないところは何でもご質問ください。

それでは、また。




|

« No.296 idiom の四択の問題 with 「アナログ人間は電話が頼り」 | トップページ | No.298 idiom の四択の問題 with "ukulele" »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.297 idiom の四択の問題 with 「お化け道」:

« No.296 idiom の四択の問題 with 「アナログ人間は電話が頼り」 | トップページ | No.298 idiom の四択の問題 with "ukulele" »