« No.286 idiom の四択の問題 with 「コメントもらってハッピー」 | トップページ | No.288 「また来ました」 »

2014年6月26日 (木)

No.287 idiom の四択の問題 with 「文化は免罪符か」

「文化だから」と言えば何でも許されるのでしょうか。

日本政府が食文化だとする捕鯨を
Sea Shehperd が糾弾するなら
なぜ、中国の「犬肉祭り」は放っておくのでしょうか。
中国は食文化だから口を出すなと言っています。

確かに、食文化といえば、
牛や豚も同じなのかもしれません。

「文化」と言えばは免罪符になりうるのでしょうか。

ナイジェリアでまた、60人の女子が連れ去られましたが、
イスラムの教えで、女子に教育はいらないんでしょ
それを文化で片付けられないのではないでしょうか。

文化を超える価値観として
基本的人権があるのでしょうが、
これとて、
中国に言わせれば、
国によって人権の考え方が違うというのです・
確かに、culture には、
「国」という意味もあります。

どうどうめぐりですが、
人権の考え方も「文化」なんでしょうか。

文化という耳あたりのよい言葉が
都合よく便利に使われています。

話は若干それるかもしれませんが、
「サッカーファンだから」と言えば大騒ぎしても許されるのでしょうか。

さて、今日も
英語の idiom の問題で遊びましょう。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


Acting Out


(   )内に入る語句を各問の下からそれぞれ選んで文を完成し、それを日本語にしてください。

1, The gang of youths were drawn to the money like (      ) to honey..

a. birds  b. beasts   c. beaks    d. bees


2. She was purring with pleasure like the cat that ate the (      ) .

a. fish    b. canary   c.  butter    d. cheese


3. He comes to work ike (      ) .

a. wind     b. timer   c. ants  d. clockwise


 


[解説]
1   like bees to honey 「蜜に群がる蜂のように(魅力的なものに集まる)」 


2    like the cat that ate the canary 「満足している」


3 like clockwise 「規則正しく」


[解答] 

1. d 「その若者たちの一団は蜜に群がる蜂のように引き寄せられた」

2. b 「彼女はカナリアを食べた猫のように満足げだった」

3. d 「彼は規則正しく仕事に来ます」
    
  


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


いかがでしたか。
できましたか。

「ぎゃお」

また、このパソコンでも
ブログの
操作画面の横幅が
極端に狭くなってしまいました。

「どうしよう」
と思ったのですが、
開きなおしたら直りました。

「ほっ」

今日のブログについて皆さんご意見あれば
コメントどしどし送ってください。


英語でわからないところは何でもご質問ください。

それでは、また。




|

« No.286 idiom の四択の問題 with 「コメントもらってハッピー」 | トップページ | No.288 「また来ました」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

cultureに国という意味があるというのは知りませんでした。どこかに出てますか?確かに文化といえばなんでも許されるというのは賛成できませんが、文化を超える価値観として基本的人権がある、というのは意味がわかりません。文化の一部として基本的人権がある、というのならわかります。文化は太古からあるのでしょうし、基本的人権は近代の国家が創造したものだからです。基本的人権は近代国家が国民に与えたもので、世界中の人がどこの国にいようが普遍的権利として持っているとは思えません。だから人権の考え方も文化なんだという考え方は正しいんじゃないでしょうか。

投稿: 仲山利明 | 2014年6月28日 (土) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.287 idiom の四択の問題 with 「文化は免罪符か」:

« No.286 idiom の四択の問題 with 「コメントもらってハッピー」 | トップページ | No.288 「また来ました」 »