« No.229  語彙の問題 with 「議員は恥ずかしい」 | トップページ | No.232  「不売運動したら?」 »

2012年10月10日 (水)

No.231  「山の音」

古い小説を読みました。
皆さんは遠い昔に読んでいるかもしれません。

川端康成の「山の音」です。

最初、古くてかび臭い内容に
読むのを何度もやめようかと思いました。

日本の古い家族制度。
のんびりした会社の
サラリーマン社会。
それが、日常として扱う小説。

こんなの読む気はなかったんですが、
出かけるとき
読んでない小説はないかと思って
手にとってしまったんです。

でもさすがにノーベル賞作家の作品だけあって
最後まで読ませました。

古いけど、
人間のもつ、
時を越えて変わらぬ問題を扱っていたからでしょう。

もう一人日本人がノーベル賞とるといいですね。

|

« No.229  語彙の問題 with 「議員は恥ずかしい」 | トップページ | No.232  「不売運動したら?」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.231  「山の音」:

« No.229  語彙の問題 with 「議員は恥ずかしい」 | トップページ | No.232  「不売運動したら?」 »