« No.166 パラグラフ整序問題 with 「誰かいないのかよ」 | トップページ | No.168 パラグラフ整序問題 with 「植草一秀のブログ」 »

2011年8月 7日 (日)

No.167 パラグラフ整序問題 with 「浜距子の言う通りかもしれません」

以前浜距子が円は1ドル50円になる
と言っていましたが
そうなのかもしれません。

かつて、朝日新聞のインタビューで、
「原点は1971年にあります。
米国がドルと金の交換を停止した
「ニクソン・ショック」です。
米国が保有する金より、
はるかに巨額のドルが
世界に出回ってしまったのです。
ドルのありがたみがうすれ、
ドル暴落の危機から脱するための
交換機能停止でした。
ドルが金の信用を背景とした
基軸通貨ではなくなったのです」
と述べていたのですが、
浜距子が今日の朝日にも
インタビューを受け、
似たコメントを載せていました。

結局、ドルの印刷ペースを
アメリカ政府が
落とさなかったので、
アメリカ国債の格下げまで来た
ということなのでしょう。

明日の金融市場は
混乱を起こすことになりそうです。

日本の中途半端な
介入なんか吹っ飛ばされそうです。

これからの財テクは、
黙って円を
貯金することしかなさそうですね。


また、今日も東大の問題を使って
私が改題した
パラグラフ整序問題です。






   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆





.........Acting Out..............

文の流れから、パラグラフを並べ替えなさい。その根拠は?

(A) So who actually has the authority to determine meaning? Any strict distinction made between the reader and the writer as the source of meaning is not helpful. Of course, it is in some ways useful to think about and to discuss the differences in the contributions of reader and writer, but this does not alter the fundamental fact that reading is a kind of interaction. It would be misleading to think that the meaning or value of a poem was under the exclusive control of one or the other.

(B) This emphasis on the reader as the source of meaning can, however, be problematic since it is sometimes difficult to draw the line between what we can all agree is a reasonable interpretation and one that appears wild and unjustifiable. Readers often seem eager to produce their own meanings out of their encounters with poems, meanings which, however reasonable or satisfying they are to the readers themselves, may not have been intended by the poet and may not be shared by other readers.

(C) We usually think of the meaning of a poem - or any other literary work - as having been created and fixed by the writer; all we readers have to do is find out what the author intended to say. However, although it is indeed the poet who gives verbal form to his or her idea or vision, it is the reader who translates this verbal shape into meaning and personal response. Reading is in reality a creative process affected by the attitudes, memories, and past reading experiences of each individual reader. It is this feature of reading which allows for the possibility of any poem having more than one interpretation.


.


[解説]
 (A) も(B) もでだしから先頭には着ません。したがって先頭は(C)となります。
(C)の内容を受けて、"This emphasis ..."と続くので、(B)が続きます。

[解答例]
(C )→(B) →(A)

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

楽しんでくださいましたか。


もし訳がわからない等の
ご質問があれば、
送信はこの下の「コメント欄」でできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

|

« No.166 パラグラフ整序問題 with 「誰かいないのかよ」 | トップページ | No.168 パラグラフ整序問題 with 「植草一秀のブログ」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.167 パラグラフ整序問題 with 「浜距子の言う通りかもしれません」:

« No.166 パラグラフ整序問題 with 「誰かいないのかよ」 | トップページ | No.168 パラグラフ整序問題 with 「植草一秀のブログ」 »