« No.156 四択の問題 with 「普天間かおりレポート」 | トップページ | No.158  「感情的なしつこさと単一的な価値観」 »

2011年7月16日 (土)

No.157 並べ換え問題 with 「ラジオ体操と年寄り社会」

夏は夏休みですね。

夏休みというと、
思い出すのが早朝のラジオ体操
(があったらしいということです)

小学生は行けば
スタンプだかもらえた(らしい)のです。

実は私は一回も行ったことないんです。

早起きが苦手だったのと
計画的なことが全くできない
自分の生来の性格からです。

でも、考えてみると
あのラジオ体操って要らないですよね。

早朝のラジオ体操は
年寄りのものでしょ。
決して子供のためじゃないですよね。
だって歳を取ると
朝、起き抜けは
体の動きが悪いからウオームアップ
したくなるんですから。

生活の中に
年寄りが決めたルールが他にもあります。

江戸時代のちょんまげは
若者にはげた年寄りが自分のはげを
若者に強要したものではないかと思いますし、
年金制度だってそうだと思いますよ。

年寄りは働いていないのに
働いている若者から
お金をもらってしまう制度でしょ。

下の世代が上の世代の年金を払うから
下の世代の人口減によっては
制度が破綻するんでしょ。

制度としては、
自分の貯金を自分が受け取るように
政府が貯蓄を若者に強制する形にしたらいいんですよね。

自分の貯金だったら、
若者に払わせる
後ろめたさみたいなものは
払拭されますよね。

いつも、政府は社会の安定のための
制度を変に設計してしまいますよね。
介護保険もそうでした。

いくらも払っていない人がすぐに
全体の保険料からサービスを受けるんです。

それやるから後が困るんですよね。
最初のうちは国家が補助しながら
介護保険制度を立ち上げたら
よかったのにと思います。

この「変に設計してしま」うのは、
年寄りが社会をリードしているからなんでしょうね。

ですから、裏返せば、
自分が年寄りだなんて思っている人、
今が活躍する時なんです。
決して安易に隠居しようなんて思っちゃいけません。

社会を担う気持ちをいつまでも持ち続けて
活躍しないといけないんだと思います。


今日は並べ換え問題です。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

.........Acting Out..............

次の日本語に合うように(1)から(3)の語を並べ換えて書き直しなさい。

 政治家の言葉が注目されるのは悪いことではない。銃弾ではなく、言葉でやり合うのが民主主義の基本だから。ただしそれらの言葉がどれだけ生き残るか。それはまた別問題である

  If (1)(widespread, a politician, attention, says, what, public, catches), it is not an unwelcome phenomenon. This is because, in a democracy, (2)(to, with, are, be, all disputes, words, settled), not bullets. The question, however, (3)(these sayings, time, is, will stand, of, how long, the test). Quite apart from their worth, this is an entirely different matter.


.


[解説]

(1) catch attention「注目を集める」

(2) settle「を解決する」

(3)stand the test of time「時の試練に耐える」

[解答例]
If (1)(what a politician says catches widespread public attention), it is not an unwelcome phenomenon. This is because, in a democracy, (2)(all disputes are to be settled with words), not bullets. The question, however, (3)(is how long these sayings will stand the test of time). Quite apart from their worth, this is an entirely different matter.

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

楽しんでくださいましたか。

ご質問などの送信はこの下の「コメント欄」にできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

|

« No.156 四択の問題 with 「普天間かおりレポート」 | トップページ | No.158  「感情的なしつこさと単一的な価値観」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.157 並べ換え問題 with 「ラジオ体操と年寄り社会」:

« No.156 四択の問題 with 「普天間かおりレポート」 | トップページ | No.158  「感情的なしつこさと単一的な価値観」 »