« No.152 四択の問題 | トップページ | No.154 「節電のための夜間閉館にも閉口」 »

2011年5月15日 (日)

No.153 四択の問題 with 「節電と言えば許されるのか」

駅のエスカレーターがやっと動きました。
朝の通勤客は各段を埋め尽くしています。
それほど多い通勤客を
エスカレーターの横には階段がないので、
駅から離れる方向に大回りさせて
別の階段まで行かせていたのです。

私の利用する駅は
上に上がってから改札口を通り
またプラットフォームに下りるタイプです。

そのエスカレーター
先月、震災以来ずっと
節電で止められていたんです。

そのエスカレーターは
私の住む市が管理しているものなんです。
止められたエスカレーターの乗り口のところには
また例の「ご理解ください」
という看板がかかっていました。

それでも節電なら仕方がないと思いました。
しかし、すぐ近くの横の高層ビルの
1階から3階までのエスカレーターが
ほとんど人が乗っていないのに
ガーガー動いているのが見えるのです。

3階は市庁舎の支所と市民会館があります。
したがってそのエスカレーター
100%市の管理であるかはわかりませんが
市に全く関係ないとも言えません。

何日たってもエスカレーターは止めたままでした。
そのうちその
駅のプラットフォームに降りるエスカレーターが
朝のラッシュ時間だけ動き始めました。
また、私の利用する私鉄のエスカレーターも
朝のラッシュ時間だけ動き始めました。

なのに、私が通勤のとき最初に使う
あのエスカレーターはあいかわらず
「ご理解ください」でした。

何を「ご理解ください」というのでしょう。
あまりにも腹が立って、
まずは高層ビルの方に文句を言いにいきました。

市民会館は開いてましたが、
支所は節電のためと称して早々閉めていました。
仕方なく市民会館の責任者に苦情を言いました。
当然のことながら駅のエスカレーターは
「管轄ではない」というので、
同じ市の職員なんだから
担当の人に苦情を伝えて欲しいと言いました。

翌朝まだ止まっているエスカレーターを見て
昼間に市役所に電話して苦情を言いました。
たらいまわしにされ、直接の担当という
道路事業部の課長補佐と話をしました。

私は節電するところも順番をつけて
動かすべきところは動かせと言いました。
たくさんの通勤客が横に階段がついていない
エスカレーターを止められて
別の場所の階段を求めて大回りして
上っていかねばならないのだと。
一方、同じ市の支所や市民会館に続く
エスカレーターは
利用者がほとんどいなくても動かして
いることはおかしいといいました。

課長補佐はどこも動かせないと一点張り。
話し合いくらいしろと言っても、
「気持ちは分かりますが変更できない」

もう呆れました。
取り付く島なしでした。

それでも三日後何と動き始めました。
一応私の苦情に反応したのだな
と思いました。
大勢の通勤客はみな
嬉しそうでした。

これでめでたしとしているわけではないのです。

私はラッシュ時だけでも動かしてくれと言ったのに、
今度は1日中動かしているのです。
こまめに止める労を厭っているとしか思えません。
みなさんはどう思いますか。

長い文読んでくれた人ありがとうございました。
お疲れ様でした。

さて、今日は四択の問題です。

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

.........Acting Out..............

(  )内に適語を選びなさい。

. The number of students in this class ( ) limited to twenty.
  a. are b. is c. have d. has
.
. This is your captain speaking. We are now ( ) Haneda Airport.
  a. approaching b. arriving c. stopping d. turning in

. My cousin got married ( ) a man of thirty right after she graduated from university.
  a. to b. with c. for d. in

.


[解説]

.  「このクラスの生徒数は20人が上限です」

.  「こちら機長です。間もなく羽田空港に到着いたします」

.  「私のいとこは大学を出てすぐ30歳の男と結婚しました」

[解答例]

.  b
.  a
.  a


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

楽しんでくださいましたか。

ご質問などの送信はこの下の「コメント欄」にできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

|

« No.152 四択の問題 | トップページ | No.154 「節電のための夜間閉館にも閉口」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.153 四択の問題 with 「節電と言えば許されるのか」:

« No.152 四択の問題 | トップページ | No.154 「節電のための夜間閉館にも閉口」 »