« No.131 英文読解の総合問題 with 「昔を思い出させる懐かしいもの」 | トップページ | No.133 空所補充の問題 with 「ペンシル・スケジュール」 »

2010年5月21日 (金)

No.132 英文読解の総合問題 with 「ふてんま日和」

「ふてんま日和」とは
おととい19日の
普天間かおりライブコンサートに
つけられていた名前です。

歌を聞きにライブハウスに行ったというのは
おそらく生まれて初めてのことだろうと思います。

お客さんであふれていました。
開場時間になると
入場のために
長蛇の列になっていました。

ライブの模様は
ヤフーニュースに載っていました。
これがそこに載っていた写真です。
Gnj1005200502004p1
雰囲気が楽しくて
十分ライブを堪能しました。

普天間さんは
とても魅力的でした。
サイン入りCDを1枚買いました。
今まで以上にファンになってしまいました。

ところで、海外からコメント来て驚きました。
No.131のところです。
お褒めの言葉なので、恐縮です。
このブログ
今まで何度も読んでいるということなので、
ここの部分も読めるように
英語にしてみますね。
By the way
I was a little bit surprised
to find a comment from abroad
to be in a comment box of Blog No 131.
I hadn't thought
there were native speakers of English
reading my blog site regularly
until that day.
How encouraging I thought his comment was!
I want to say I am deeply grateful for his kindness.

本当にインターネットのおかげで、
情報が世界の国境を越え
その面では世界を一つにしましたね。

もう一つのコメントについては
私も現在はそう言えると思いますが、
昔はよく食べる順番にでも
いろいろな人が「日本人は...」というのを
私はよく聞いた記憶がありますよ。


さて、今日は英文読解の総合問題です。
内容を把握する練習をしてください。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

.........Acting Out..............

次の英語を読んで下の問に答えなさい。

  When the time comes for anthropologists to turn to the twentieth century, they will surely choose the label “Legless beings.” Histories of the time will go something like this: “In the twentieth century, people forgot how to use their legs. Men and women moved about in cars, buses and trains from a very early age. There were elevators and escalators in all large buildings to prevent people from walking. This situation was forced on people of that time because of their extraordinary way of life. In those days, people thought nothing of traveling hundreds of miles each day. But the surprising thing is that they didn’t use their legs even when they went on holiday. They built cable railways, ski-lifts and roads to the top of every huge mountain. All the beauty spots on earth were spoiled by the presence of large car parks.”
The future history books might also record that we were prevented from using our eyes. In our hurry to get from one place to another, we failed to see anything on the way. Air travel gives you a bird’s-eye view of the world. When you travel by car or train an unclear image of the countryside constantly flies by. Car drivers, in particular, are forever obsessed with the urge to go on and on: they never want to stop. Are they attracted by the great freeways, or what? And as for sea travel, it is hardly worth mentioning. The typical twentieth-century traveler is the person who always says “I’ve been there.” You mention the remotest, the most exciting place in the world like El Dorado, Kabul, Irkutsk and someone is bound to say “I’ve been there” -- meaning, “I drove through it at one hundred miles an hour on the way to somewhere else.”
  When you travel at high speed, the present means nothing: you live mainly in the future because you spend most of your time looking forward to arriving at some other place. But actual arrival, when it is achieved, is meaningless. You want to move on again. By traveling like this, you suspend all experience; the present ceases to be a reality: You might just as well be dead. Travelers on foot, on the other hand, live constantly in the present. For them traveling and arriving are one and the same thing: they arrive somewhere with every step they make. They experience the present moment with their eyes, their ears and the whole of their body. At the end of their journey they feel a delicious physical weariness. They know that sound satisfying sleep will be theirs: the gift received by all true travelers


(1) 下線部の legless being とはどういうことを言うのですか、その意味を説明しなさい。

(2) 下線部の you live mainly in the future と言うのはなぜですか。

(3) 本文の内容に一致するものにT、一致しないものにFと答えなさい。
① Anthropologists in the future will describe people of the twentieth century as legless beings.
② In the twentieth century, it seems that people don’t use their legs to go from one place to another.
③ People think nothing of walking hundreds of miles each day now.
④ Car drivers have always had a strong wish to drive without stopping.

[解説]

(1) 英語は抽象から具体に話は展開されるのでこの具体的内容は後にあります

(2) 直後に理由を示す because... があります

(3)
① 1行目に書いてあります
② 現在形で書いてあるのは変です
③ 現在形で書いてあるのは変です
④ 車を運転する人がそう思うのかと考えます


[解答例]

(1) 移動に脚を使わずにもっぱら交通乗用具に頼るもの

(2) 常に次どこに行こうか未来のことを考えるから

(3) ① T  ② F   ③ F   ④ F


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

楽しんでくださいましたか。

ご質問などの送信はこの下の「コメント欄」にできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

|

« No.131 英文読解の総合問題 with 「昔を思い出させる懐かしいもの」 | トップページ | No.133 空所補充の問題 with 「ペンシル・スケジュール」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.132 英文読解の総合問題 with 「ふてんま日和」:

« No.131 英文読解の総合問題 with 「昔を思い出させる懐かしいもの」 | トップページ | No.133 空所補充の問題 with 「ペンシル・スケジュール」 »