« No.114 空所適語補充の問題 with 「プリンター快調」 | トップページ | No.116 空所補充の問題 with 「公的年金の一元化」 »

2009年10月 4日 (日)

No.115 空所適語補充の問題 with 「格差社会の先輩国」

日本の国が「一億総中流意識」(all-Japanese-are-middle-class mentality)から
「所得格差」(disparity in income levels) が激しい社会になるにあたっての
お手本はアメリカでしょう。

今朝の朝日新聞に
「米1,500万人『私を雇って』」という記事が出ていました。
失業率は9.8%(日本は、5.7%)だそうです。

一方、3、4日前の同紙夕刊で
公的資金が注入された
バンカメ(Bank of America)の
CEO(chief executive officer)「最高経営責任者」の
退職金が112億円と出ていました。

CEOの年収がこの何倍もある場合もあるのがアメリカです。
日産もゴーンになってから役員の年収は跳ね上がったと言われています。

こうした所得格差について触れた英文が、
何年か前の同志社大学の英語の入試問題に
あったと先日聞きましたので、その一部をコピーしてきました。
まず、日本語から。

「アメリカが世界で最も豊かな先進工業国のひとつであるという事実にもかかわらず、我が国の平均収入は1人あたり21,857ドルに過ぎない。アメリカ国民が公正に享受することのできるはずの富はどこに行ってしまうのだろうか。それは上流の人に集中しているのである。我々が暮らしている社会は、人口の1%が株式の60%とすべての富の40%を所有している。アメリカ人の上位10%の人々は全ての不動産の80%以上を所有している」

この部分に該当する英語を、以下に載せます。

Despite the fact that the US is one of the world’s richest industrialized nations, our average per capita income is a mere $21,857. Where is all the wealth to which the American people supposedly have fair access? It is concentrated at the top. We live in a society in which one percent of the population owns 60 percent of stock and 40 percent of total wealth. The top 10 percent of Americans own over 80 percent of all real estate.


さて、今日も空所適語補充の問題です。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


......... Acting Out  ....................................................................................

次の日本語の意味に合うように,(  )に適語1語を入れなさい。

1. 靴を履いたままでいいですか。―ええ,いいですよ。      
(     ) I keep my shoes (     )? ― Sure.

2. クレジットカードで支払ってもいいですか。   
Is it OK (     ) I pay by credit card?

3. 私たちは彼の考え方を誤解してはいけない。  
We'd (     ) (     ) misunderstand his way of thinking.


[解説]
1. 「してもいいですか」は「することができますか」ということ。仮定法の方が丁寧です。身に着ける意味を表すときは "on" を使います。

2. 「もしするなら」という意味です。「現金で」は "in cash" です。

3. "had better" の否定形は、 "had better"を一語の助動詞と考えます。

[解答]
1. Can/Could/May/Might, on   2. if 3. better not      


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

楽しんでくださいましたか。

ご質問など、コメントとして送ってください。
送信はこの下の欄の「コメント」をクリックすれば簡単にできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

 


|

« No.114 空所適語補充の問題 with 「プリンター快調」 | トップページ | No.116 空所補充の問題 with 「公的年金の一元化」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.115 空所適語補充の問題 with 「格差社会の先輩国」:

« No.114 空所適語補充の問題 with 「プリンター快調」 | トップページ | No.116 空所補充の問題 with 「公的年金の一元化」 »