« No.98 総合読解の問題 with 「しただけ」 | トップページ | No.100 文法練習問題 with 「祝 No.100」 »

2009年4月29日 (水)

No.99 前回の総合読解の問題の解答解説 with 「ブルーミーバルーン」

 随分とご無沙汰しました。
 前回、解答解説を次回「すぐ書きます」なんて
言ったきりほったらかしにしてしまいました。
 その間見放さずに
このブログを訪れて下さった方々が
思った以上いて下さいました。
Million thanks.

 *   *   *

 先日久しぶりにCD買いました。
 石嶺聡子のアルバムです。
Discoalbum09
左は「ブルーミーバルーン」のジャケットで、
下は「The Best」のジャケットです。
立て続けに2枚。
538
 今聞きながらこれ書いています。

 CDっていいですね。
 当たり前なんですけど、
 終わっても終わっても繰り返し回ってくれます。

 届いた日からほとんど毎日流したままにして聞いています。

 聞きなれてくるとさらによくなります。

 どの歌も魅力的で大満足。

 ところで、今日は前回の総合読解の問題の解答解説です。

 
 


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


〔解説〕 
問1 ① heir の発音は h を発音せず、 air と同じ発音になります。
⑥ just another は「ありきたりの」とか「そこいらの」という意味。
否定形でよく使われます。
⑦ largely = mostly 「ほとんどは」
forgettable = forget + able 「忘れることができる」→「忘れてもよい」
⑫ nonetheless = none + the + less = in spite of the fact 「それにもかかわらず」

問2 「化身」という意味の語が入ります。

問3 not waste much time ~ing = soon ~ 「じきに~する」

問4  defined by drugs... 「麻薬や ... によって定義される」 は defined の直前にかかります。

問5 直前に理由があります。

問6  rehab に似たもう少し長い単語を考えてください。

問7  that は直前の「the + 名詞」を指します。

問8 「恋人」という意味の語が入ります。

問9 all but = almost 「ほとんど」 
put the final nail in the coffin of.. 「... に終わりを告げる」

問10 apple-pie wife 「きわめてアメリカ的な」
fare = go

<念のため問題文>

以下は「チャーリーズ・エンジェル」「エバー・アフター」などの映画に主演したことで知られる女優 Drew Barrymore の biography の一部です。読んで続く問に答えなさい。


  Drew Barrymore, ①heir to a Hollywood dynasty, child star, alcohol abuser and comeback actress, is the ( ② ) of the rise and fall of Hollywood fortunes.

  The granddaughter of John Barrymore and grandniece of Ethel Barrymore and Lionel Barrymore, Drew Barrymore was born in Culver City, California on February 22, 1975. From there, ③she didn't waste much time getting in front of the cameras, making her first commercial at nine months and her first television movie, Suddenly Love, at the age of two. Two years later, she made her film debut, appearing as William Hurt's daughter in Altered States (1980). At the advanced age of seven, Barrymore became a true celebrity, thanks to her role as the cherubic Gertie in Steven Spielberg's E.T. (The Extra-Terrestrial). The huge success of that 1982 film endeared Barrymore to millions of audience members, but the young actress began to succumb to a ( ④ ) lifestyle defined by drugs, alcohol, and too much partying. A child expected to behave like an adult, ⑤Barrymore began drinking at the age of nine.

  Unsurprisingly, observers began writing Barrymore off as ⑥just another failed child star when she was barely into her teens. She made a string of ⑦largely forgettable movies, many of which only reinforced her image as a has-been. However, in the middle of her teen years, Barrymore entered ⑧rehab, cleaned herself up, and wrote an autobiography, Little Girl Lost, which detailed her travails with drugs and alcohol. In the early 1990s, she entered another phase in her career, gaining notoriety for playing a series of Lolitas. In this capacity, she turned in memorable performances in Poison Ivy (1992), the 1993 made-for-TV The Amy Fisher Story, and Batman Forever (1995), all of which featured her pouting seductively.

  In 1996, Barrymore's image underwent an abrupt and effective transformation from slut to sweetheart. With a brief but memorable role in Wes Craven's Scream, Barrymore's career received an adrenaline shot to the heart. She began working steadily again, and she reshaped her offscreen persona into ⑨that of a delightful and sweet-natured girl trying to mend her ways. This new image was supported by her screen work, much of which featured her as a chaste heroine. Her starring role as the "real" Cinderella in Ever After (1998) was a good example, and it had the added advantage of turning out to be a fairly solid hit. Barrymore's other major 1998 film, The Wedding Singer, was another hit, further enhancing her reputation as America's new ( ⑩ ). The following year, ⑪the actress all but put the final nail in the coffin of her wild-child reputation of years past, starring as the nerdy, lovelorn twenty-something reporter who bears the titular condition of Never Been Kissed. That movie not only marked a notable transition in Barrymore's reputation, but an advancement in her cinematic career as well. Expanding her role from actress to producer, Barrymore would continue starring in and producing such efforts as Charlie's Angels (2000), or Donnie Darko (2001).

  Though some may have suspected that her millennial transition from sweetheart to skull-cracker in Charlie's Angels may have signaled a shift towards more action-oriented roles — and despite her return to the role in Charlie's Angels: Full Throttle (2003) — Barrymore once again charmed audiences with another emotional comedy, Riding in Cars With Boys in 2001, while Confessions of a Dangerous Mind (2002) found Drew in the role of long-suffering girlfriend alongside Sam Rockwell's unlikely CIA operative. ⑫Barrymore took a nonetheless interesting turn as an apple-pie wife turned sinister in 2003's Duplex.


問1 下線部 ① ⑥ ⑦ ⑫ を日本語にしなさい 。
問2 ( ② ) に入る語を下から選んで記号で答えなさい。
a. transition b. shrewd c. embodiment d. advancement
問3 下線部 ③ が言っていることを20字以内の日本語でわかりやすく説明しなさい。
問4  ( ④ ) に入る語下から選んで記号を答えなさい。
a. deceptive b. destructive c. decayed d. deceased
問5 下線部 ⑤ のようなことを始めた理由を20字以内の日本語で答えなさい。
問6 下線部 ⑧ の rehab はより長い語を口語用に短くして使われた語である。そのもとの長い英語を答えなさい。
問7 下線部 ⑨ の thatが指している英語1語を文中から引用しなさい。
問8 ( ⑩ ) に入る語を同じパラグラフから選んで答えなさい。
問9 下線部 ⑪ が言っていることを40字以内の日本語でわかりやすく説明しなさい。
問10 下線部⑫の前に以下の文をおく場合、(  )内に入る語を答えなさい。
  Though the film did not fare particularly ( ), ...

〔解答〕
問1 ① 継承者 
⑥ ありきたりの失敗した子役スター  
⑦ ほとんど忘れてもいい映画  
⑫ バリモアはそれでも、2003年作の Duplex という映画の中できわめてアメリカ的な妻が腹黒い悪い女に変身するような面白い変身を演じました。

問2 c.

問3 じきにカメラに写されるようになった(芸能界に入った)

問4  b.

問5 子供は大人のように振舞うことがいいと思われたから

問6 rehabilitation

問7 persona

問8 sweetheart

問9 バリモアは反抗的な悪がきだという過去の悪評をほとんど終わりにしたということ

問10 well


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いかがでしたか。

単語が難しかったかもしれませんが
そこは想像してみてください。

できなかったとしても気にしないで下さい。
おおらかにやりましょう。

 
このブログの感想やご意見やご質問など、コメントとして送ってください。
送信はこの下の欄の「コメント」をクリックすれば簡単にできます。


出来る範囲でお答えします。

じゃ、また。

 


|

« No.98 総合読解の問題 with 「しただけ」 | トップページ | No.100 文法練習問題 with 「祝 No.100」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.99 前回の総合読解の問題の解答解説 with 「ブルーミーバルーン」:

« No.98 総合読解の問題 with 「しただけ」 | トップページ | No.100 文法練習問題 with 「祝 No.100」 »