« No.52 総合読解問題 with 祝一周年 | トップページ | No.54 総合読解問題 with 頑丈な道具 »

2008年3月27日 (木)

No.53 会話文の練習問題 with 「丸太切り大会」

Ts290129001
 ニュージーランドの Bay of Plenty Times というローカル紙の最近の記事から。
 記事の写真は著作権があるのかなと思ってやめて、載せるものがないから内容と無関係なリーナにします。
 日本語訳は私のものです。

 「丸太切り大会に出る女の子はかなり珍しい。出場した双子の姉妹と日本人女子高生が勝つという方に賭けると賭け金率はどのくらいになるものでしょう?
 (GIRLS competing at lumberjack competitions are fairly rare, so what are the odds of identical twins and a Japanese college student taking part? )

 昨日マウンガヌイ山で行われた高校対抗戦でまさしくその様子を見る事ができました。
 マオ・ホサカ(16歳)と彼女の2人のカチカチ高校の友人(双子のアリとフローリー・ベーカー)は大観衆の心をとらえました。
 若き丸太切り名人達が中心部にあるフェニックス・カーパークで彼らの持てる力を出し切りました。
(That's exactly what happened yesterday at the interschool challenge at Mount Maunganui.
Mao Hosaka, 16, and her two Katikati College friends, twins Ali and Florrie Baker, conquered the big crowd that gathered to watch some of the Bay's finest young lumberjacks give their all in the downtown Phoenix Carpark. )

 マオは、ニュージーランドにやって来てまだ1ヵ月。
 ワイウクで行われた木材切り競争について行って自分もやってみたくなって始めたのとのことです」
(Mao, who has only been in New Zealand for one month, decided to have a go when she tagged along to timber sports competitions at Waiuku with her new friends. )

 さらに、「鋸で切ることは筋肉よりもテクニックがずっとものを言うので、
 その双子の姉妹はこのスポーツを3年間やっているにもかかわらず筋肉がついているということはありません」
(And because sawing is much more about technique than brawn, the twins are definitely not bulging with muscles despite three years involvement in the sport. )

 と続いていました。

 ニュージーランドって、丸太を切ることまでスポーツにしてしまうのか。
 田舎の人間なりのスポーツの創造力に感心。

 試しに日本の「丸太切り大会」というのもネットで引いてみました。
 
 驚きました。
 さすがに女の子は参加対象になっていないみたいですが、
 あちこちでやってるんですね。

 ニュージーランドの専売特許ではないのですね。

 広まったのかもしれません。

 謎ですね。

 さて、練習問題です。

 今回は、取り組みやすい会話文。
 問題を読んで質問に答えてみてください。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


......... Acting Out  ....................................................................................

次の対話文(1)と(2)を聞いてそれぞれの問に答えなさい。

(1)
A: Do you have the latest Esquire?
B: Down there in front. Just came in.
A: And I’ll take the Times too.
B: It’s right there, to your left. That’s $4.10.
A: Here.
B: Thanks and have a nice day.
A: You too.

Question: Where are they talking?
a. At a restaurant.
b. At a florist’s.
c. At a newspaper stand.
d. At a supermarket.


(2)
A: Hello?
B: Yes?
A: May I speak with Mrs. Ross, please?
B: There’s no one here by that name.
A: Is this 3787 - 0126?
B: No, it’s not.
A: I’m sorry. I must’ve dialed the wrong number.
B: Um-hum

Question: What kind of relations do the two have?
a. They have never met.
b. They are close friends.
c. They are on bad terms with each other.
d. They are on visiting terms with each other.


〔解説〕 
英文はやさしいですが状況をきちんとイメージできましたか。
日本語訳を載せておきますね。
 
(1)
A「エスクワイアの最新号はありますか」
B「そこにあります。お客さんの前です。たった今入ったところですよ」
A「それとタイムズももらいましょう」
B「そちらです。お客さんの左手です。4ドル10セントになります」
A「はい」
B「どうも。良い一日を」
A「あなたもね」

(2)
A「もしもし」
B「はい」
A「ロス夫人をお願いします」
B「そのようなお名前の人はこちらにいらっしゃいませんが」
A「そちら 3787 の 4126 ですか」
B「いいえ、違いますよ」
A「すみません。間違いました」
B「はい」


〔解答〕(1) c (2) a


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


どうでした。
できましたか。
 
このブログの感想やご意見や質問など、コメントとしてどしどし送ってください。
コメントの送信はこの下の欄の「コメント」をクリックすれば簡単にできます。

メールででもけっこうです。

出来る範囲でご返事します。

じゃ、また。

|

« No.52 総合読解問題 with 祝一周年 | トップページ | No.54 総合読解問題 with 頑丈な道具 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.53 会話文の練習問題 with 「丸太切り大会」:

« No.52 総合読解問題 with 祝一周年 | トップページ | No.54 総合読解問題 with 頑丈な道具 »