« No.46 内容正誤問題 with ハリマオ | トップページ | No.48 文の正誤問題 with 「艦戴機」 »

2008年2月 3日 (日)

No.47 引用文の内容正誤問題 with 「三流雑誌」

200pxsangubashieki1
昨日、新宿から小田急線の各駅停車に乗りました。
駅に停車したとき「三流雑誌」と車内放送。
何のことかと思っていると、「参宮橋」のことでした。
私には「三流雑誌」と聞こえたのです。

参宮橋の駅に停車する電車に乗ったのはこれが初めてでした。
初めての言葉は駅名に限らず聞き取りにくいものです。
英語も聞き取れないとき自分の知っている言葉を当てはめてしまったりします。

"It's your..."とか言われたのでしょうけど、「チョリソー・ソーセージ」と聞こえたことがありました。


 さて、練習問題です。

 今回は、引用文の内容の正誤問題です。
 いろいろ言われそうですが、面白い問題を作ったと思いますので、あえて載せますね。


   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


......... Acting Out  ....................................................................................

以下は引用文を英語訳してみたものです。述べた人との組み合わせが誤っていると思われるものはどれか。
  
(1) “Might is right after all.” -- Saigo, Takamori

(2) “The good-or-bad question is no need now.” -- Oda, Nobunaga

(3) “My death will not imperil freedom.” – Kino, Tsurayuki

〔解説〕
(1)  問題文は「結局は力は正義である」で「勝てば官軍、負ければ賊軍」の英語訳。これは明治維新後に西郷隆盛が言った言葉。革命(明治維新)も力によって達成されたということ。官軍というのは天皇側の軍。 

(2) 問題文は「事の善悪の問題は今はいい」で 「是非に及ばず」は、戦国時代の英雄織田信長が本能寺の変で森蘭丸が「明智が者と見え申し候」(明智の者と見え申し上げます)と謀反の知らせに応じた言葉。

(3) 「板垣死すとも自由は死せず」は、明治時代の自由民権運動の指導者板垣退助が、1882年、岐阜で公演したときに、短刀を持った男に襲われたときに言った言葉。例え板垣退助が死んでも民主主義の根は絶えることはないという意味。


〔解答〕 (3)


    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


どうでした。
できましたか。
 
このブログの感想やご意見をコメントとしてどしどし送ってください。
コメントの送信はこの下の欄の「コメント」をクリックすれば簡単にできます。

メールででもけっこうです。

出来る範囲でご返事します。

じゃ、また。

|

« No.46 内容正誤問題 with ハリマオ | トップページ | No.48 文の正誤問題 with 「艦戴機」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

面白い問題でした。
昔の偉人といわれる人は、今の基準で言うと若くなくなった人が多く西郷隆盛は49歳、織田信長は47歳です。今の国会議員に並んだら洟垂れ小僧といわれそうですね。政治家ではありませんが芭蕉翁なんか、信じられないことになんと享年50歳です。
また面白い問題お願いしますね。

投稿: 仲山 | 2008年2月 4日 (月) 09時40分

面白い問題でした。
昔の偉人は若くて亡くなった人が多いのには驚きます。西郷隆盛は49歳、織田信長は47歳、高杉晋作は28歳、ネロは31歳、大石内蔵助は44歳、何とあの芭蕉翁は50歳です。
このブログ見てる人は若い人が多いとは思いますが、皆さんもあっという間にその年になります。少年老い易く学なりがたし 年寄りのたわごとでした。

投稿: 仲山 | 2008年2月 4日 (月) 22時00分

リトルです。

「チョリソーソーセージ」にはうけました(笑)。
リトルもよく空耳をして話についていけないことがありますっ(笑)

投稿: リトル | 2008年2月 5日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.47 引用文の内容正誤問題 with 「三流雑誌」:

« No.46 内容正誤問題 with ハリマオ | トップページ | No.48 文の正誤問題 with 「艦戴機」 »